So-net無料ブログ作成

心に対策を!ゴキブリの有効な用途豆知識(役立つ日が必ず来る?!) [最新記事]

スポンサードリンク




目次

心に対策を!ゴキブリの有効な用途、豆知識(役立つ日が必ず来る?!)
関連記事

知られざるゴキブリの性質。


ちなみに調査の過程で遭遇するゴキブリの画像によって私は気分を害しました。
みなさんもくれぐれも気を確かに調査にあたってください。

調査といっても、googleで検索するといった簡単なものですが。

これをビジネスとして扱うのにはかなり気を確かに持たなければならないようです。

見ただけで気分を害される害虫のことを不快害虫と分類されています。
ムカデやヤスデ蜘蛛ゲジゲジなんかが該当しています。
もちろんゴキブリも個々の分類に入っています。
実害でなく心理的に不快な影響を与えられる害虫とされています。


圧倒的な存在数を誇るゴキブリ、そして生命力。

古くから多くの部族がこのゴキブリの生命力に注目していたのと思われる。

ゴキブリの有効な用途はこの生命力から導かれそうだ。

嫌われもののゴキブリでも人間の役に立ってくれるひもあるのだろう。


現代でも昆虫は手軽なタンパク源として親しまれている。

ゴキブリも例外ではないようだ


圧倒的な生命力と繁殖力を駆使することによって実験動物としての価値もあるそうです。

安価で生産できるのでタンパク質を手にできます。

とある大国では、漢方薬としての効果があるそうで現代でもゴキブリ農家が存在している模様であります。

牛や馬の捻挫を治すための湿布などは民間療法として有名だそうです
。とあるk国ではすりつぶしてパックにするんだとか。。。
ちょっと信じられない世界です。


動物保護団体はゴキブリのことを保護してくれないのでしょうか。


あっそもそも動物じゃないゴキブリさんは昆虫だから
範囲外だし昆虫保護団体なんて聞いたことないしな・・

豆知識としてゴキブリはフェロモンを分泌して、仲間を寄せ集めて生活を営んでいるのだ。


通称ゴキパラ(ゴキブリパラダイスの略)


また地方の俗語としてゴキブリは、アブラムシともよばれている、体の表面を油の膜でおおわれている。

油分が豊富でよく燃える、燃えるけどフェロモンを分泌しているので

ゴキブリがうじゃうじゃ引き寄せられてくる召喚の儀式が執り行える。

また、タンパク質を容易に調達できるのでもしも食糧難になったら非常食にもなる。
絶対に食べたくない。

てんぷらや素あげが王道の調理法なようです。

ゴキブリを簡単に捕獲したかったら、儀式を執り行うことが有力のようだ。
いつか実験してみたい。
虫かごの中で・・・・ゴキブリを愛する会とかに合議されかねないので今日はここまでに・・
みんなが見てない気にならないページはこちら↓↓↓
スポンサードリンク




危険じゃない!!ただの目次 ↓↓↓お買い物はこちらへ↓↓↓

←↑買い物するならここがおすすめ↑↑↑




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。